厳選した新作・旧作映画をジャンル別に紹介!映画情報サイト『Movie Cafe』

◆◇◆ Movie Cafe おすすめランキング ◆◇◆
厳選!イチ押し映画 泣ける!感動映画
アカデミー賞受賞作 傑作!サスペンス映画




スポンサーサイト【映画情報】

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

[洋画] L.A.コンフィデンシャル【映画情報】

2008.03.20(21:50)
原題 : L. A. Confidential 
製作年 : 1997年
製作国 : アメリカ

キャスト(役名)
Kevin Spacey ケヴィン・スペイシー (Jack Vincennes)
Russell Crowe ラッセル・クロウ (Bud White)
Guy Pearce ガイ・ピアース (Ed Exley)
Kim Basinger キム・ベイシンガー (Lynn Bracken)
Danny DeVito ダニー・デヴィート (Sid Hudgeons)

監督
Curtis Hanson カーティス・ハンソン

原作
James Ellroy ジェームズ・エルロイ

脚本
Brian Helgeland ブライアン・ヘルゲランド
Curtis Hanson カーティス・ハンソン


【解説】
50年代初期のロサンジェルスを舞台に、ある殺人事件をめぐり、警察と暗黒組織でうごめく人間模様を描いたサスペンス。ロサンジェルスを舞台にした一連のミステリーで知られる作家ジェームズ・エルロイの同名小説(邦訳・文春文庫)の映画化。監督は「激流」のカーティス・ハンソン。脚本(共同製作も)は「陰謀のセオリー」「ポストマン」のブライアン・ヘルゲランドとハンソンの共同。製作はハンソン、「ディアボロス 悪魔の扉」のアーノン・ミルチャン、「心の指紋」のマイケル・ネイサンソンの共同。製作総指揮は「サバイビング ピカソ」のデイヴィッド・L・ウォルパー、「セブン」のダン・コルスラッド。撮影は「ヒート」のダンテ・スピノッティ。音楽は「追跡者」のジェリー・ゴールドスミスで、50年代当時のヒット曲がスクリーンを彩る。美術は「真実の行方」のジニーン・オプウォール。編集は「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のピーター・ホーネス。衣裳は「Emma エマ」のルース・マイアーズ。出演は「真夜中のサバナ」のケヴィン・スペイシー、「クイック&デッド」のラッセル・クロウ、「プリシラ」のガイ・ピアース、「ベイブ」のジェームズ・クロムウェル、「プレタポルテ」のキム・ベイシンガー、「レインメーカー」のダニー・デヴィート、「激流」のデイヴィッド・ストラザーンほか。97年度(第70回)アカデミー賞最優秀脚色賞・助演女優賞(キム・ベイシンガー)受賞。98年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。



>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

【あらすじ】
53年末、L.A.。ダウンタウンのナイト・アウル・カフェで6人の男女が惨殺された。ロス市警は捜査を開始、事件の背景に、白ユリのというハリウッドの有名女優に似せた娼婦たちを擁する秘密売春組織の存在が浮かぶ。女性に暴力をふるう男を許さない熱血漢バド・ホワイト刑事(ラッセル・クロウ)は、高級娼婦リン(キム・ベイシンガー)に接近するが、いつしか彼女と恋に落ちる。一方、野心家で出世のためには手段を選ばないエド・エクスリー警部補(ガイ・ピアース)は、おのれの方針に従って捜査を続けるがバドと対立。そこでエドは、『LAコンフィデンシャル』というタブロイド誌の記者シド(ダニー・デヴィート)と結託して羽振りをきかせ、刑事ドラマ『名誉のバッジ』のアドヴァイザーも務める狡猾なジャック・ヴィンセンズ刑事(ケヴィン・スペイシー)に協力を求める。捜査が進むうち、事件の背後には、街のボスだったミッキー・コーエン逮捕後の縄張りをめぐる、ヘロインをはじめとする利権争いがからんでいるのが判明。真犯人はなんとバドらの上司で刑事課のボス、ダドリー・スミス警部(ジェームズ・クロムウェル)だった。核心に迫ろうとしたジャックはスミスの自宅を訪ねたが、あえなく殺された。エドはリンに誘惑され情事に及ぶが、その光景をシドがカメラに収める。スミスと裏でつながる売春組織の元締め、ピアス・パチェット(デイヴィッド・ストラサーン)が仕掛けた罠だった。シドは事件の関係者としてスミスらに尋問され、それに立ち会ったバドは、エドとリンの情事を知って激怒。シドは始末された。市警の資料室にいたエドにバドは襲いかかるが、エドは事件解明のために手を組もうとバドを説得。ふたりは地方検事を締め上げ、例の殺人もスミスの手によるもので、彼の目的がコーエン亡き後、ロサンジェルスの裏社会を支配することだと知る。ピアスはすでに殺されていた。ふたりはスミスを会合場所のヴィクトリア・モーテルで待ち受け、死闘の末、スミスを倒すのだった。
スポンサーサイト




1日1クリックの応援をお願いします('-'*)♪

ブログ人気ランキング ← CLICK HERE !!








<<[洋画] マイノリティ・リポート | ホームへ | [洋画] シンドラーのリスト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sumibi1123.blog70.fc2.com/tb.php/68-b26bbf3e
| ホームへ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。