厳選した新作・旧作映画をジャンル別に紹介!映画情報サイト『Movie Cafe』

◆◇◆ Movie Cafe おすすめランキング ◆◇◆
厳選!イチ押し映画 泣ける!感動映画
アカデミー賞受賞作 傑作!サスペンス映画

[サスペンス/ミステリー]洋画

  1. スポンサーサイト 【映画情報】
  2. [洋画] オープン・ユア・アイズ 【映画情報】
  3. [洋画] ソウ2 【映画情報】
  4. [洋画] フィクサー 【映画情報】
前のページ 次のページ


スポンサーサイト【映画情報】

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

[洋画] オープン・ユア・アイズ【映画情報】

2008.03.25(23:50)
原題 : Abre los ojos
製作年 : 1997年
製作国 : スペイン

キャスト(役名)
Eduardo Noriega エドゥアルド・ノリエガ (Cesar)
Penelope Cruz ペネロペ・クルス (Sofia)
Chete Lera チェテ・レーラ (Antonio)
Fele Martinez フェレ・マルティネス (Pelayo)
Najwa Nimri ナイワ・ニムリ (Nuria)

監督
Alejandro Amenabar アレハンドロ・アメナーバル

脚本
Alejandro Amenabar アレハンドロ・アメナーバル
Mateo Gil マテオ・ヒル


【解説】
顔を損傷したハンサム青年の、夢とも現実ともつかない世界を描いたスリラー。監督・脚本・音楽は「テシス・次に私が殺される」のアレハンドロ・アメナーバル。脚本は監督とマテオ・ヒールが担当。製作は「テシス・次に私が殺される」のホセ・ルス・クエルダ。製作総指揮はフェルナンド・ボヴァイラ、ホセ・ルイス・クエルダ。撮影は「テシス・次に私が殺される」のハンス・バーマン。音楽は監督とマリアノ・マリンが担当。出演は「テシス・次に私が殺される」のエドゥアルド・ノリエガ、「イフ・オンリー」のペネロペ・クルス、「テシス」のフェレ・マルティネス、舞台で活躍するチェテ・レーラほか。98年東京国際映画祭グランプリ受賞。


>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

>> [洋画] オープン・ユア・アイズのあらすじを見る。
( ストーリーのネタばれに注意して下さい。 )

[洋画] ソウ2【映画情報】

2008.03.25(23:29)
原題 : SawⅡ
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ

キャスト(役名)
Donnie Wahlberg ドニー・ウォルバーグ (Eric Mathews)
Shawnee Smith ショウニー・スミス (Amanda)
Tobin Bell (Jigsaw)
Franky G フランキー・ジー (Xavier)
Glenn Plummer グレン・プラマー (Jonas)

監督
Darren Lynn Bousman ダーレン・リン・バウズマン

脚本
Darren Lynn Bousman ダーレン・リン・バウズマン
Leigh Whannell リー・ワネル


【解説】
低予算にもかかわらず斬新なアイデアと奇抜なストーリーが評判を呼び、大ヒットした「ソウ」の続編。出口のない家に監禁された者たちが、“ジグソウ"の仕掛けた凄惨な“ゲーム"に翻弄されてゆく。前作で監督・脚本を担当したジェームズ・ワンとリー・ワネルは製作総指揮に当たり、新たに監督するのは新鋭ダーレン・リン・バウズマン。


>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

>> [洋画] ソウ2のあらすじを見る。
( ストーリーのネタばれに注意して下さい。 )

[洋画] フィクサー【映画情報】

2008.03.25(22:45)
[2008年4月12日公開]

原題 : MICHAEL CLAYTON
製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ

キャスト・スタッフ
監督・脚本 : トニー・ギルロイ

出演 : ジョージ・クルーニー 、 ティルダ・スウィントン 、 トム・ウィルキンソン 、 シドニー・ポラック


【解説】
名実ともに現在のハリウッドを代表するジョージ・クルーニーが、「ボーン・アイデンティティー」シリーズの脚本家トニー・ギルロイと組んでおくる衝撃のサスペンス。映画では今まで描かれることのなかった、弁護士事務所に所属しながらも決して表に出てくることはなく裏で仲介に立って交渉をまとめる“もみ消し屋”=“フィクサー”を描く。脚本にほれ込んだクルーニーは製作総指揮と主演を兼ねて、本作が監督デビューとなるトニー・ギルロイをバックアップしている。良心の呵責から精神に崩壊をきたす同僚の弁護士を演じるのは名優トム・ウィルキンソン。『イン・ザ・ベッドルーム』で多くの賞にノミネート及び受賞した実力で、難役を見事に演じきっている。


>> 最新映画ランキング  >> Best Movie Ranking

>> Music Cafe [無料PV視聴/試聴] 最新音楽情報をチェックしよう!

>> [洋画] フィクサーのあらすじを見る。
( ストーリーのネタばれに注意して下さい。 )








前ページ | ホームへ | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。